トピックス

ORTHODOXYお客様の感想 ②

シンプルかつスタイリッシュなデザインで、家族や職場の同僚からも「この時計かっこいい」と称賛されました。
腕時計の命とも言える精度も高く、ボディーを含めてこれだけのスペックの商品がお値打ち価格で入手できて大満足です。大切に身に着けて行きたいと思います。



薄過ぎず、厚過ぎず程よい感じで、スーツにもバッチリ合います。ケースはグランドセイコー(GS)の研磨をしている工場が、同製品と同等のレベルで磨いているとのことで、さすが質感十分です。

ムーブメントは最新のGSより一世代前のものということですが、自動巻きの精度としては必要十分なレベルです。

蓄光顔料はダイバーズウォッチなどと比べると暗い所ではやや見にくいかもしれませんが、許容範囲です。

モノにはうるさい私ですが満足度は高いです。”郷土愛を腕に!”

ORTHODOXYお客様の感想 ①

ORTHODOXY受領しました。ご対応ありがとうございました。
早速wena wrist leatherにつけて使っています。

精度すごいですね
文字板上向きの姿勢(DU)での、タイムグラファーの画面を添付します。日差ゼロ,片振りゼロは初めて見ました。全く乱れが無く素晴らしいです。こちらの測定(製品状態)では取説に記載の出荷前データよりも姿勢差が大きめに出ましたが、それでも期待を超える高精度でした。

薄さ

10mmを切る薄さ。miyota90S5を使っているwenaの機械式モデルは11mmなので、デュアルカーブサファイヤの効果だけでなく、文字板の板厚など複数箇所で攻めた設計をされていると想像します。

時分針の高級感

細身の針なのに、鏡面-ヘアライン-鏡面と立体的に見える仕上げが施されていて、さらに蓄光塗料が乗って分針は先端曲げまで行われているというこだわりが凝縮された感じが実に良いです。
その他良いと思ったところ
- ケース内壁の鏡面
- 顕微鏡で見ても文字板上に殆どちりが見られない
- カーブサファイアの割に反射が少なく視認性が良い
- 裏蓋のデザインと鏡面仕上げされた縁の薄さによる精度感が格好
良い
- 大きすぎない箱

しいて難点を挙げるとすれば

- 秒針がZ方向だけでなく僅かに水平方向も曲がってしまってい る。
- 好みもあると思いますが、ラグの位置が高すぎて装着時のフィッ ト感が悪く、ラグと腕の間に大きな隙間が生じ
   て違和感を感じてしまう。
といったところです。

ラグの高さの問題は、厚みのあるメタルブレスだと多少緩和される感じでした。見た目的にも意外と合っています。


ORTHODOXYのこだわり ③

 普段時計をしていて、自分目線で目に入るのが カン (ベゼルを留めている部分)とベゼルになります。「ORTHODOXY」のこだわりはここにもあります。
カン上部にはヘアライン仕上げ、ベゼルはザラツ研磨仕上げを施しメリハリを付け、『キラキラ感』を演出しています。
「ORTHODOXY」のケースは薄肉ですが手抜きはありません。特にベゼルはザラツ研磨で仕上げてある為、映り込んだ像にゆがみがほとんどありません。

これが日本の磨きの技術です。




ORTHODOXYのこだわり ②


ー こだわり②「作り手からのメッセージ」ー

ORTHODOXYのロゴ下にある「SUPER FLAT」と書かれた赤い文字…これは作り手からのメッセージです。
ORTHODOXYは出来るだけケースを薄くすることにこだわっています。機械式時計でケースをここまで薄くすることは、高い技術と工夫が要求されます。見やすさを重視し、同サイズの時計と比較して3mm以上大きく見える構造にしました。秒針・分針の先端を1本1本職人が曲げ、薄く仕上げたケース・ガラスに当たらないような工夫もしてあります。


このこだわりを「SUPER FLAT」という言葉に込めて、使い手の方に思いを届けています。


ORTHODOXYのこだわり ①


こだわり① 「煌めき」ー

ORTHODOXYの文字盤を見た時、どんな印象を持たれましたか?

上品で美しい放射模様と文字を見やすくするための加工を施し、上質な煌めき「きらきら感」を実現しました。
実際にお手に取ってその煌めきをご覧いただきたい「こだわり」の1つです。





信州安曇野の四季


1/22の大雪で、安曇野は一面銀世界です⛄

お店の近くを流れる拾ヶ堰(じっかせぎ)から見える常念をパシャ…

この拾ヶ堰は安曇野の田畑を潤す、安曇野市でもっとも有名で大きな堰なんです。川沿いにはサイクリングロードもあり、安曇野の四季を感じながら自転車を走らせると最高に気持ちがいいですよ。

安曇野は自然豊かで素敵なところです。またいろいろな安曇野をご紹介していきますね !

ぜひ安曇野にお越しください !(^^)!


信州安曇野の四季をイメージした 時計屋復刻堂オリジナル腕時計 Azusa Classic 4seasons(四季) 「朝雪」

北アルプスの麓に広がる、一面の雪景色をイメージしています。


常念と時計屋復刻堂

お店から見える常念は、安曇野のシンボル!
この常念…時計屋復刻堂オリジナル腕時計のポスターにも登場しています。もちろんORTHODOXYのポスターにも使われているんですよ!(^^)!
四季を通していろいろな姿を見せてくれる常念のように、時計屋復刻堂オリジナル腕時計も、いろいろなバリエーションをみなさまにお届けしていきたいと思います。

誕生!【ORTHODOXY】


職人たちの持つ技術と思いを注ぎ込んで制作した~時計屋復刻堂オリジナル時計【ORTHODOXY/オーソドキシー】~
いよいよ12/1より予約受付を開始いたしました。
細部にわたり「こだわり」を持ち、研究を重ね制作した【ORTHODOXY】。是非お手に取って見ていただきたい時計です。
この時計の構造は、歴史ある高級時計メーカーとほぼ同じ構造としました。長く使用している間に起こり得る不具合をできる限り最小限とし、安心して使用していただける構造となっています。見ための派手さはありませんが、流行にとらわれず飽きのこないシンプルなデザインは、永く使えきっとご満足いただけることと思います。
ではこの時計の「こだわり」についてご紹介しましょう。

<構造>
① ケースおよび内部の部品制度を1/100mm単位で仕上げ、心臓部であるムーブメントへの耐衝撃性の向上と、文字
  盤の表面に部品が接触しない構造にし、文字盤の痛みを劇的に改善しました。
② 数多くの実験・研究を繰り返し、高価な部品をできるだけ使わずに防水性の高い構造を実現しました。

<ケース>
① 見やすさを重視し文字盤を大きくとり、同サイズの時計と比較して3mm以上大きく見えるケースにしました。
② デュアルカーブサファイアガラス・内面無反射コーティングのガラスを使用することにより、光の反射を抑え透明
  性を高くし、より「見やすく」にこだわりました。サファイアガラスを使用することで、傷も付きにくくなりま
 す。
③ 部品同士で傷つけあわないようにする・メンテナンス性を良くする事を目的として、ケース内部および部品に工夫
  を施してあります。これは一般の方には見えない部分ですが、裏蓋を開けるときのスムーズさなどで職人は気付き
  ます。

<ムーブメント>

① 時計の心臓部であるムーブメントには、MIYOTA製のCal9015ムーブメントを使用していますが、単純に使うので

  はなく精度チェックを自社で行ったものを使用します。メーカーでは出し切れない不良チェックと初期精度を職人

  の調整により向上させています。


<文字盤>

① 設計は弊社が行いバーインデックスに工夫を施しました。まず分針の邪魔にならないギリギリまで高くして立体感

  を出し、組み立ての際に針に当たらないよう調整をしてあります。高さを利用し、より輝きを発するような工夫を

  してあります。

② 上品で美しい放射模様と文字を見やすくするための加工を施してあります。

③ 実用時計として、ドレスウォッチには無い蓄光顔料をデザインの一部として取り入れ、暗い所でも見えるように

  しました。

    ※バーインデックス…[時]・[分]を読み取るために文字盤上に配置される棒状のパーツ

    ※ヘアライン加工…金属の表面処理加工の一種で、単一方向に細かい傷をつける加工法

    ※鏡面加工…表面の凹凸を均一にし、鏡のように曇りのない面をつくる加工法


<針>

① 見やすくする為の加工と、暗い所でも見える様に蓄光顔料を施してあります

② 秒針・分針の先端を1本1本職人が曲げ、薄く仕上げたケース・ガラスに当たらないように工夫をしてあります。


<リューズ>

① 通常のクォーツタイプよりも大きめにし、手巻きがやりやすいサイズにしました。

② リューズ末端のマークは消えにくくする為、彫刻を施してあります。


<全体を通して>

① 中国製が多い中、価格は高くなってしまいますが組み立てだけでなく、各パーツ(自社製造含む)・ケース素材まで出

  来る限り日本製に、そして日本での加工にこだわりました。ムーブメントはMIYOTA製ですが、この生産は長野県

  で行っており、その事も踏まえ文字盤には「SHINSHU JAPAN」の文字を入れました。

② ここまでのこだわりを持たせると10万円は越えてしまう価格ですが、当面店舗での販売のみとし流通コストを省く

  ことにより¥55,500(税別)でご提供させていただきます。現段階では製造数量は限定となりますが、今後値上げと

  品質を落とさない製造の合理化を進め、多くの方にお届けできるよう努力して参ります。気に入って頂けた方には

  現段階の価格は絶対にお得な価格と言えます。

③ ベルトは消耗品ですし好みも違いますので、ご自分の気に入った良いものをお選びください。ワンタッチばね棒が

  付いたベルトはご自分でベルト交換ができますので、気分やシーンに合わせていろいろなバリエーションをお楽し

  みいただけると思います。

   ※画像に使っているベルトは復刻堂オリジナルベルトです。価格も¥2700(税込)とリーズナブルでワンタッチ

     ばね棒を使用しています。


職人たちの「こだわり」の詰まった【ORTHODOXY】をぜひ見に来てください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

オリジナル時計【monologue】

自分だけの時計を自由にカスタマイズできるウォッチブランド【monologue】とコラボレーションして作られた 時計屋復刻堂オリジナルモデルの 【monologue】!

メージは、澄みわたった安曇野の青空と、雪の積もったアルプスの山々。

視認性の良さを意識し、ホワイトシルバーの文字盤、ブルーの針、ローズゴールドのバーインデックスをチョイスしました。
ケースサイズは40mm・36mm・30mmの3種類をご用意。40mmと30mmはペアウォッチとしてもお使いいただけます。ベルトはお好きなものをお選びください。

今回Monologue様との協力によりカスタムモデルをまとめて製造・仕入れさせて頂くことにより、リーズナブルなお値段でお届けいたします。

この商品は店舗販売および安曇野市ふるさと納税 40mm36mm30mmからのみお選びいただけます。
詳しくは店舗までお問い合わせください!

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

<実店舗 営業時間>
・平 日 9:30~18:00
・土・祝 10:00~18:00
・定休日 毎週日曜日

※基本的には上記の営業時間ですが、予告無く変更する時がありますので、店舗までお問い合わせ下さい。

お得メール登録

             新規会員登録

スタッフブログ

STAFF BLOG

モバイルサイト

モバイルサイト

ウッドルアー販売

                           

安曇野市と時計屋復刻堂

               

ページトップへ