トピックス

カスタマイズウォッチ「monologue」


自分だけの時計を自由にカスタマイズできるウォッチブランドmonologue

時計屋復刻堂店舗でもご注文いただけます。



店頭でカスタマイズのページから、ケース・文字盤・針・ベルトをご自分の好みに合わせてお選びください。

① ケースサイズとケースタイプを選びます    ② 文字盤を選びます
   

③ 針を選びます                ④ ベルトを選びます → 完成!
   

色々な組み合わせから、ご自分だけの腕時計をお作りいただけます (^^♪


組み合わせがあり過ぎて迷っちゃう~という方も大丈夫!
ベーシック商品もご用意しておりますので、そちらからお選びいただくことも出来ますよ。



ベルトはご自分のお好きなものをお選びください。ベルトを替えるだけでも違う時計に大変身!
ベルトはワンタッチばね棒付きなので、ご自分で簡単にベルト交換して頂けます。
違うタイプのベルトが何本かあれば、お洋服や気分に合わせてベルト交換するのも楽しいですね💛



自分だけの時計選びにスタッフもお手伝いさせていただきます。ぜひ店舗へお越しください。
スタッフ一同心よりお待ちしております‼



monologue×時計屋復刻堂カスタムモデルはこちらから





自分好みのTMPLに…


イタリアの高級レザー「ブッテーロ」を使用したTMPL カラーストラップは、レッド・オレンジ・ダークブラウンの3色。

それぞれのTMPLウォッチに付けてみました…
ベルトが違うだけで、また違うTMPLが楽しめますね。



ベルトサイズは18mmなので、復刻堂オリジナルベルトやモレラートのベルトでもよく似合います。




色々なベルトと組み合わせて、あなた好みのTMPLをお楽しみください‼








TMPLの誕生

世界に誇れるMade in NAGANO(長野)の超精密技術で復刻

東洋のスイスが現代に蘇らせた100年前の腕時計





クラウドファンディングから誕生した腕時計
『TMPL(テンプル)』

TMPL(テンプル)は、時代とともに変化してきた”ウォッチデザイン”に注目し、独自の視点で復刻していく実験的で新しい腕時計ブランドです。
時計の産地・長野県で30年以上にわたり時計製造に携わってきた南安精工と、クリエイティブ集団CEKAI(セカイ)のクリエイターが出会ったことでプロジェクトは始まりました。



腕時計が世の中に広がってから100年あまり、各時代の腕時計には当時の出来事や時代性がデザインとして織り込まれています。
TMPLでは、ウォッチデザインを「その時代を象徴する歴史・文化の結晶」として捉え、単体の時計ブランドの製品ではなく、各時代の腕時計のデザインを独自の切り口で再編集し、高い品質と適正価格で現代に復刻していきます。


1910年代の特徴をモンタージュして現代的に復刻



TMPLのファーストモデルでは、腕時計の黎明期となる1910年代のウォッチデザインを復刻。
100年前の腕時計に見られる肉厚なフォルムや文字盤、象徴的な針の形をモンタージュし、現代的なサイズバランスの中に落とし込みました。
性別や年齢、シーンを問わず着用いただける普遍的なデザインに仕上げられており、それぞれのケースと文字盤の組み合わせが異なるカラーバリエーションもご用意しています。 
この機会にぜひTMPLのファーストモデルを通して、100年前の腕時計がもつ美しいデザインや歴史、新しい魅力に触れてみてください。


クロノグラフの1910S-CG01とスモールセカンドモデルの1910S-SS01。
どちらも性別や年齢、シーンを問わず、着用いただける普遍的なデザインです。
それぞれケースと文字盤の組み合わせが異なるカラーバリエーションもラインナップしています。
あなたの好きな、100年前をお選びください。





懐古的フォルムと現代的サイズバランスの両立



時計を腕に身につけるという習慣がまだ浸透していなかった1910年代の腕時計は、女性用懐中時計のムーブメントを使用した小ぶりなものが主流でした。
懐中時計の名残を感じさせる丸いケースと大きな竜頭。そのフォルムを踏襲し、当時の雰囲気を感じさせつつ、現代的なサイズバランスに仕上げています。


アラビア数字と蓄光塗料が際立つ盤面



当時の主な盤面素材であった陶器を再現した盤面に、懐中時計の名残ともいえるアラビア数字を配置。
飛行機など、操縦や移動の際の視認性が重要視されていた、大きなアラビア数字の上に蓄光塗料がたっぷりと塗られているのも特徴です。


「コブラ針」の再現



通称「コブラ針」という、1910年代のデザインを忠実に再現。航空時計や軍用時計によく見られる形状で、先端部がコブラのように見えるため、そう呼ばれています。
針にも蓄光塗料を採用し、視認性も抜群。鉄を炙って酸化させ錆びにくくする、当時の技法から生まれる青色を再現した針色も特徴です。 ※黒文字盤の針はシルバーとなります。


品質と適正価格を両立させるムーブメントと耐磁設計




ムーブメントには、使い勝手の良さ、正確性、デザイン、適正な価格を考慮し、日本製の高性能クオーツを採用しました。
日常的にPCやスマホなど磁気と接触する昨今において多いのが、磁気によるトラブルです。時計屋復刻堂に持ち込まれる修理品も、磁気の影響が故障の原因となってるものが多数あります。
今回MAGNETIC RESISITANT4800の耐磁性能を持たせるため、ムーブメントを磁力から守る特殊な構造を採用しました。
通常、2~3万円程の腕時計ですとムーブメントを固定する部品はプラスチックですが、TMPLウォッチでは金属を採用。
また文字盤の裏側にも金属の耐磁板をつけることで、ムーブメントを磁力から守る設計となっています。



掲載されました ~












monologue×復刻堂カスタムモデル


自分だけの時計を自由にカスタマイズできるウォッチブランド「monologue」と時計屋復刻堂がコラボレーションして作られたカスタムモデル!

メージは、澄みわたった安曇野の青空と、雪の積もったアルプスの山々。

視認性の良さを意識し、ホワイトシルバーの文字盤、ブルーの針、ローズゴールドのバーインデックスをチョイスしました。
ケースサイズは40mm・36mm・30mmの3種類をご用意。40mmと30mmはペアウォッチとしてもお使いいただけます。ベルトはお好きなものをお選びください。

今回、monologue様との協力によりカスタムモデルをまとめて製造・仕入れさせていただくことによって、リーズナブルなお値段で時計をお届けいたします。


この商品は店舗販売および安曇野市ふるさと納税 40mm36mm30mmからお選びいただけます。


monologue×時計屋復刻堂 カスタムモデル 詳細はこちらから



VINTAGE LENS AUTOMATIC II



TACS(タックス)から発売された、TACS初の日本製自動巻きモデル「VINTAGE LENS AUTOMATIC II」
この時計は弊社が組み立て・製造を請け負っている時計なんです。どのような時計なのか詳しくご紹介しましょう。


<TACS初の自動巻きハイエンドモデル>

LENSシリーズはクラシックカメラのようなギミックを表現したLENS-Mをきっかけに、カラフルなウレタンベルトモデルのCOLOR LENS、プロダクトの美しさとヴィンテージカメラの懐かしさを彷彿させるVINTAGE LENS、NATO&革ベルトのカジュアルタイプNATO LENSをリリースしてきました。
初代VINTAGE LENS AUTOMATICはメイドインジャパン、自動巻き、ホーウィン社製ベルトなどTACSでは初めてのハイエンドモデルとして製品をリリースし、幻のモデルと言われるほど瞬く間に完売した時計です。
そのモデルが遂に、2年の歳月を経て素材だけでなく細部へのこだわりを更に追求し「VINTAGE LENS AUTOMATIC II」が誕生しました。



美しさと贅沢感を味わう
~シースルーバック・自動巻き~

裏蓋は腕時計の醍醐味であるシースルーバック(スケルトン)を採用しています。時計の裏面からも緻密さと美しさをあわせ持つ自動巻きムーブメントをご堪能いただけます。ホーウィン社製のベルトはプルアップ加工を施し光沢感だけではなく、使い込んでいくごとに絶妙な艶を醸し出す味わい深いレザーの贅沢感をお楽しみください。



VINTAGE LENS AUTOMATIC II 専用に木製の特別ボックスにセットされています。ひと味もふた味も違うメイドインジャパン・ハイエンドモデルをお客様にお届けいたします。
(付属のウォッチプロテクターもホーウィン社製レザーです)


商品ページはこちらから



ピックアップ

ORTHODOXYがここでも…

お得メール登録

             新規会員登録

スタッフブログ

STAFF BLOG

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

<実店舗 営業時間>
・平 日 9:30~18:00
・土・祝 10:00~18:00
・定休日 毎週日曜日

※基本的には上記の営業時間ですが、予告無く変更する場合がありますので、店舗までお問い合わせください。

モバイルサイト

モバイルサイト 

公式SNS



 

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ