トピックス

ORTHODOXYのこだわり ③

 普段時計をしていて、自分目線で目に入るのが カン (ベゼルを留めている部分)とベゼルになります。「ORTHODOXY」のこだわりはここにもあります。
カン上部にはヘアライン仕上げ、ベゼルはザラツ研磨仕上げを施しメリハリを付け、『キラキラ感』を演出しています。
「ORTHODOXY」のケースは薄肉ですが手抜きはありません。特にベゼルはザラツ研磨で仕上げてある為、映り込んだ像にゆがみがほとんどありません。

これが日本の磨きの技術です。




コメントする

名前

URL

コメント

ORTHODOXYがここでも…

お得メール登録

             新規会員登録

スタッフブログ

STAFF BLOG

モバイルサイト

モバイルサイト

安曇野市と時計屋復刻堂

               

ページトップへ